広告 ジョニーさんのおすすめ

ジョニー家がよく行く北海道で海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

(記事内に広告を表示しています)

アバター画像

ジョニー

✅札幌の魅力やおすすめグルメを15年以上ブログで発信

✅趣味は夫婦で食べ歩き(ジンギスカンスープカレーラーメン海鮮丼回転寿司海鮮居酒屋シメパフェ

✅函館・旭川・富良野にも居住経験あり

✅自他ともに認める新千歳空港マニア(年間10泊以上空港内に宿泊)

✅中級キャンパー10年目

➤➤➤詳細なプロフィールはこちら

北海道の短い夏を満喫するには、やはり海水浴キャンプが一番。

というわけで今回は、道内にある海水浴も楽しめるキャンプ場の中で、実際に行ってみてよかったおすすめキャンプ場を厳選紹介します。

※記事内の情報は取材当時のものです。最新情報は各公式サイトをご確認ください

➤➤➤【じゃらん】いま北海道で人気のアクティビティをチェック

 

北海道海水浴キャンプ場おすすめ①豊浦海浜公園キャンプ場

注意ポイント

2022年度より「豊浦海浜公園」のシステムが大幅に変わっています

  • オンライン予約サイト「なっぷ」からの事前予約&クレジットカードによる事前決済が必要
  • チェックイン時間(13~17時)とチェックアウト時間(11時)が設定されました
  • フリーサイトは10m×10m程度(テント・タープ合わせて2つ程度)で5000円/1組(一日限定40組)

驚くほど改悪されてしまったので、以下の記事はほんの参考程度にご覧ください

豊浦海浜公園キャンプ場

太平洋側の海水浴キャンプ場で一番おすすめなのは、豊浦町にある豊浦海浜公園キャンプ場。

豊浦海浜公園砂浜

例年海水浴が可能なのは、海の日の3連休~お盆くらいまで。

※今年の正確な海水浴期間はこちらを参照

海の透明度はそれほどありませんが、防波堤に囲まれているので安全に海水浴が楽しめます。

豊浦海浜公園キャンプ場の釣り場

海水浴だけでなく、釣りを楽しむ人にも大人気。

豊浦海浜公園人気エリア

砂浜にテントを設営するのは禁止されているので、横にある芝生サイトに宿泊します。

豊浦温泉しおさい

キャンプ場のすぐ横に天然豊浦温泉しおさいがあるので、泳いだ後に温泉でさっぱりすることが可能。

キャンプ場と温泉がこれほど近いキャンプ場はかなりレアなので、我が家はよく利用します。

▼参考記事はこちら

【北海道海キャンプ】豊浦海浜公園キャンプ場に我が家がよく行く4つの理由

北海道の海キャンプと言えば、大きく分けると日本海側と太平洋側に分かれます。 我が家が太平洋側にキャンプに行くときに毎回お世話になっているのは、豊浦町にある「豊浦海浜公園」 たくさんあるキャンプ場の中で ...

続きを見る

北海道海水浴キャンプ場おすすめ②蘭島海水浴場(小樽)

蘭島海水浴場

札幌から比較的近い海水浴場の中で個人的に最もおすすめなのが蘭島海水浴場。

札幌から最も近い海水浴場は石狩浜海水浴場(あそびーち石狩)ですが、きれいな海に行きたいと思う方は蘭島まで足を伸ばしましょう。

蘭島海水浴場

例年7月中旬から8月下旬までオープンしている蘭島海水浴場は、無料でキャンプを楽しむことが可能。

遠浅のビーチで波も穏やかなので、小さい子供でも安全に海水浴を楽しめます。

蘭島海水浴場

蘭島海水浴場

海水浴場開設期間には海の家もオープンしますし、仮設の水洗トイレも設置されます(無料で利用可能/トイレットペーパーは要持参)

蘭島海水浴場のセイコーマート

セイコーマートが近くにあるので、氷やビールも簡単に調達可能。

蘭島海水浴場の駐車場

駐車料金は基本的に700円の場所が多いですが、トイレが無料で使えたりする特典がある駐車場も!

もし選ぶ余裕があるなら、トイレやシャワーの有無を確認してから入庫しましょう。

※繁忙期はどこも満車になり選ぶ余地がないことも多い

蘭島海水浴場のさくらガーデン&コテージ

我が家が蘭島でほぼ毎回利用するのは、端の方にあるさくらガーデン&コテージの駐車場。

綺麗な水洗ウォッシュレット式トイレを無料で利用可能なのが嬉しいポイント(駐車場利用者以外は1回100円)

炊事場も無料で使うことがあるので、さくらガーデン&コテージの近くにテントを立てることができれば、かなり快適にキャンプ可能。

追加料金(プラス300円)がかかりますが事前に駐車場を予約することも可能なので、週末や連休時にはおすすめ

※さくらガーデン&コテージの施設利用料金や予約方法はこちらの公式サイトを参照

蘭島海水浴場

週末、特に海の日やお盆時期はびっくりするくらい混みあいます。

駐車場の近くにテントを立てたいという方は、朝8時前には到着することをおすすめします。

北海道海水浴キャンプ場おすすめ③浜中モイレ海水浴場(余市)

浜中モイレ海水浴場

余市町にある浜中モイレ海水浴場も。無料でキャンプが楽しめる海水浴場。

浜中モイレ海水浴場

海水浴場開設期間のみになりますが、仮設トイレ(10台前後)・シャワー・炊事棟・ゴミステーションなどが設置されます。

仮設トイレなのでそこまできれいではありませんが、無料のキャンプ場としては十分な設備が揃っています。

浜中モイレ海水浴場

海は比較的綺麗で波も穏やかですが、急に深くなるので小さい子供は要注意。

浜中モイレ海水浴場横の海浜公園

海浜公園

海水浴場の向かい側には海浜公園があり、ビーチ以外にここでもキャンプ可能。

浜中モイレ海水浴場近くのセイコーマート

セイコーマートも徒歩圏内にあるため、氷やビールの買い出しが可能。

浜中モイレ海水浴場近くの温泉

温泉は1キロほど離れていますが、繁忙期は駐車場が満車になり一度停めた車は動かさない方が無難なので、頑張って歩いていくという選択肢もあるでしょう。

北海道海水浴キャンプ場おすすめ④浜益川下海浜キャンプ場(ピリカビーチ)

川下海浜公園

石狩市浜益区川下

マップコード 794 571 680*11

営業期間 例年5月上旬~10月末まで

料金 無料

※隣接する海水浴場の営業期間(例年7月中旬~8月下旬)のみ駐車場料金がかかります

駐車場代:日帰り1000円、1泊2日2000円、2泊3日3000円

チェックイン・アウト 自由

浜益川下海浜公園の詳細はこちらで確認可能

浜益のピリカビーチ

川下海浜浴場(はまますピリカ・ビーチ)に隣接している川下海浜キャンプ場は、札幌から約1時間半で到着。

※今年の正確な「はまますピリカビーチ海開き期間」はこちらで確認可能

浜益川下海浜公園キャンプ場(ピリカビーチ)の駐車料金

海水浴場営業期間のみ駐車料金がかかります

無料で利用できるキャンプ場ですが、海水浴場開設期間は駐車料金がかかります。

川下海浜キャンプ場

テントを張るのは砂浜ではなく、すぐ横にある芝生サイト。

川下海浜キャンプ場からピリカビーチへの道

砂浜と芝生サイトはこんな感じで仕切られていますが、簡単に行き来することが可能。

目の前にはセイコーマートや飲食店などがたくさんあり、なにかと便利なキャンプ場です。

車で数分のところに「浜益温泉」があるのも嬉しいポイントです。

▼参考記事はこちら

浜益川下海浜公園
浜益川下海浜公園キャンプ場(ピリカビーチ)完全ガイド!料金システムや駐車場の選び方&覚えておくべき注意点

浜益川下海浜公園キャンプ場(ピリカビーチ)は、札幌から約1時間半でアクセス可能な人気キャンプ場。 ビーチキャンプなのにサイトは芝生というのが大きな特徴で、デイキャンプから連泊まで様々なシチュエーション ...

続きを見る

北海道海水浴キャンプ場おすすめ⑤ゴールデンビーチるもい

ゴールデンビーチるもい

留萌市沖見町地先

マップコード 416 331 214*15

駐車場料金 普通車700円 大型車1000円

※宿泊の場合2日分必要

問い合わせ先(留萌観光協会)0164-43-6817

留萌ゴールデンビーチ

広々としたビーチや駐車場があり、ゴミステーションや温水シャワーなども設置されていて人気の海水浴場「ゴールデンビーチるもい」

※今年の正確な営業日程はこちらで確認可能

砂浜にテントを設置する場合は何棟立てても無料ですが、駐車場代がかかります。

留萌ゴールデンビーチの混み具合

とにかく広いビーチなのでテントを立てる場所が全くないということはまずありえませんが、トイレや炊事棟に近い位置は争奪戦になります。

留萌ゴールデンビーチ画像

比較的綺麗な海なので思いっきり海水浴を楽しむことが可能。

留萌市内唯一の温泉「神居岩温泉」までは車で約30分かかりますが、コンビニは徒歩圏内にあります。

マックスバリューやホーマックも近く(車で約10分)にあるので、買い出しには困らないでしょう。

留萌ゴールデンビーチの夕陽

美しい夕陽も楽しめますし、タイミングが良ければ本格的な花火大会も楽しめます。

▼参考記事はこちら

【北海道海水浴キャンプ】ゴールデンビーチるもいのおすすめポイントや注意点

北海道の夏は本当にあっという間。 快適に海に入れる期間は、7月中旬~9月の始めくらいまでなので賞味2か月弱ということになります。 しかし、だからこそ北海道民は海が大好き。 というわけで今回は、短い夏を ...

続きを見る

北海道海水浴キャンプ場おすすめ⑥臼谷海水浴場(小平町)

臼谷海水浴場

留萌郡小平町臼谷24

マップコード 416 573 537*60

開設期間 例年7月上旬〜8月中旬

料金 テント1張 1,000円

駐車場 普通車500円

臼谷海水浴場の公式サイトはこちら

臼谷海水浴場

小平町にある臼谷海水浴場でもキャンプが可能。

※今年の正確な海開きの日程はこちらに問い合わせましょう

臼谷海水浴場のトイレ

臼谷海水浴場のトイレ

比較的清潔な水洗トイレを無料で利用することが可能。

臼谷海水浴場の更衣室

更衣室も設置されていますし、シャワーや炊事場も完備。

臼谷海水浴場

砂浜ビーチは約600m広がっていてかなり広め。

遠浅のビーチなので、小さい子供でも安心して海水浴を楽しめます。

臼谷漁協の漁師直売店

臼谷漁協漁師直売店

徒歩圏内には臼谷漁協の漁師直売店があり、新鮮なホタテやタコを買うことが可能。

臼谷漁協で買ったタコのぶつ切り

ビーチでタコをぶつ切りにして食べるのは最高なので、醤油とワサビを持参するのを忘れないようにしましょう。

北海道海水浴キャンプ場おすすめ⑦おにしかツインビーチ(小平町)

おにしかツインビーチ

留萌郡小平町鬼鹿元浜5

開設期間 例年7月上旬~8月中旬

料金 日帰り 1000円、1泊2日 2000円

おにしかツインビーチ公式サイトはこちら

おにしかツインビーチ

設備が充実していて綺麗なビーチなのでファミリーキャンパーにもおすすめなのが、おにしかツインビーチ。

※今年の正確な海開き期間の問い合わせ先はこちら

おにしかツインビーチ

よく整備されていてゴミもほとんど落ちていない綺麗なビーチ。

防波堤で囲まれていて大きな波はほぼ来ないので、小さい子供でも安心して海水浴が可能。

一番深いところでも腰くらいまでしかないので、大人だと少し物足りなく感じるかもしれません。

おにしかツインビーチ

水洗トイレ・シャワー・炊事棟・売店など、海水浴キャンプに必要な設備はだいたい揃っています。

おにしかツインビーチ近くのセイコーマート

セイコーマートがすぐ目の前にあるというのも、かなり嬉しいポイントと言えるでしょう。

北海道海水浴キャンプ場おすすめ⑧はぼろサンセットビーチ

はぼろサンセットビーチ

苫前郡羽幌町港町6丁目

開設期間 例年7月〜8月中旬

キャンプ場・駐車場共に無料

ペット入場不可

はぼろサンセットビーチ公式サイトはこちら

はぼろサンセットビーチ

札幌方面からは少し距離がありますが、わざわざ行く価値のある充実した海水浴キャンプ場「はぼろサンセットビーチ」

キャンプ場の宿泊だけでなく駐車場料金も無料というのが嬉しいポイント。

※今年の正確な営業日程の問い合わせ先はこちら

はぼろサンセットビーチ

防波堤があるので波も穏やかですし、広い砂浜ビーチはよく整備されています。

はぼろサンセットビーチ

ビーチハウスには水洗トイレや温水シャワー(4分/300円)、炊事場や売店なども完備。

羽幌町の市街地がすぐ近くなので、買い出しに困ることもないでしょう。

渋谷水産直売所・北のにしん屋さん

新鮮な海産物を買いたいときは渋谷水産直売所・北のにしん屋さんがおすすめ。

渋谷水産直売所・北のにしん屋さん

その日の朝とれた新鮮な魚介類をびっくりするくらい安く購入することができますよ。

北海道海水浴キャンプ場おすすめ8選まとめ

実際に行ってみてよかった、北海道内で海水浴キャンプのできるおすすめスポットを紹介しました。

どこも好きなキャンプ場で順位をつけるのは難しいのですが、強いて3つ選ぶとしたら豊浦海浜公園・川下海浜キャンプ場・ゴールデンビーチるもいかなと思います。

➤➤➤【じゃらん】いま北海道で人気のアクティビティをチェック

  • この記事を書いた人
アバター画像

ジョニー

✅札幌の魅力やおすすめグルメを15年以上ブログで発信

✅趣味は夫婦で食べ歩き(ジンギスカンスープカレーラーメン海鮮丼回転寿司海鮮居酒屋シメパフェ

✅函館・旭川・富良野にも居住経験あり

✅自他ともに認める新千歳空港マニア(年間10泊以上空港内に宿泊)

✅中級キャンパー10年目

➤➤➤詳細なプロフィールはこちら

-ジョニーさんのおすすめ
-,